FC2ブログ

タイトルの意味もわかりません。

柴田ヨクサル先生の新連載『ハチワンダイバー』がヤングジャンプで始まりました。
なぜか将棋漫画でした。いったい何がどうなってこうなったのかわかりません。

ヨクサル先生の前作『エアマスター』と前々作『谷仮面』では
主人公は始めから恐ろしく強かったのですが、
今作では第1話から主人公が負けました。ここから成長していくんでしょうか?
これまでヨクサル先生の漫画で弱かったキャラクターが成長して、
大幅にパワーアップすることはあまりなかったので意外です。
時田くらいでしょうか?漫画内でのポジションが変わるほど強くなったのは。

今までに無く普通というか地味な主人公なうえに弱いため、
今後次から次に出てくるであろういかれた強豪たちに食われてしまうことは間違いないでしょう。
もしかしたらあれは主人公ではなくて解説役のキャラなのかもしれませんが。

題材は将棋ですが将棋の具体的な戦術にはほとんど触れないと思われます。
たぶんヨクサル先生もそこにはあまり興味が無いんじゃないでしょうか?
それよりも登場人物の個性のぶつかり合いが描かれていくのだと思います。
きっと言ってることがおかしいキャラほど強く設定されるはずです。
坂本ジュリエッタや深道はこの漫画に出てきたとしても強いでしょう。

そういえば『月下の棋士』は読むと自分が将棋が強くなったような気がするけど、
いざ打ってみると前々そんなことはないことに気づかせてくれる作品でしたね。

とりあえず毎週チェックするべき漫画が増えたことを喜びたいと思います。

スポンサーサイト

2006年09月08日 漫画 トラックバック(1) コメント(2)