FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『アバタール・チューナー2』

前作をクリアした直後からやっています。
今に始まったことじゃありませんが、最近の女神転生シリーズではイベントシーンでキャラクターが声を出して喋ります。ようするに声優さんが声をあてています。ただ、最後の一線として主人公だけは一切を声を出しません。主人公がペラペラ喋るのは個人的にも反対なのですが、周りがペラペラ喋っている中にあってはかなり違和感があります。今作ではおいしい台詞はすべてゲイルというキャラクターが持っていきます。主人公は基本的にそれを見ているだけ、というか事実上ゲイルが主人公です。しまいには主人公がパーティーから離脱(一時的に?)してしまい本当にゲイルが主人公みたいになってしまいました。

スポンサーサイト

2006年10月29日 女神転生 トラックバック(0) コメント(0)

ようやく見ました。

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』を。
とにかくアナキンはなんと言うか、なんとかならなかったんでしょうか?何か決定的なものが欠けている気がします。全体的に活躍してることよりもしくじってることの方が多いのは別にいいとして、華がない。オビ・ワンとかマスター・ウィンドウとかヨーダが戦っているシーンの方がはるかにかっこいいのはどうしたことか。そう言えばこの映画の主役って誰なんですか?オビ・ワン?

2006年10月29日 映画 トラックバック(0) コメント(2)

syrup 16gのベストアルバム

知らない間にsyrup 16gのベストアルバムが2枚発売されていました。個人的には正直選曲に納得がいきませんが誰もが納得するベストアルバムを編むのも無理な話でしょう。

現在廃盤になっている99年のミニアルバム『Free Throw』からは全5曲中4曲収録。唯一外された曲は「Honolulu★Rock」です。『Free Throw』の収録曲はアルバム『delayedead』にも再レコーディングされたものが収録されていますが、このときもなぜか「Honolulu★Rock」だけが収録されませんでした。何か収録できない理由でもあるんでしょうか?

最初に聴いたアルバムということもあって個人的に一番思い入れのあるアルバム『COPY』からは「負け犬」、「無効の日」、「She was beautiful」、「生活」、「(I can’t) Change the world」の5曲。サビの歌詞で”君は死んだ方がいい”などというフレーズが出てくる「デイパス」や他では聴いたことのない”楽したい”などというフレーズが出てくる「パッチワーク」はぜひ収録して欲しかったと思います。

メジャーデビューアルバムの『coup d'Etat』からは「天才」、「神のカルマ」、「coup d’Etat」、「空をなくす」、「汚れたいだけ」の5曲。どうでもいいですが「coup d’Etat」と「空をなくす」はどうしてもセットにしないといけないのでしょうか?確かライヴで見たときも続けてやっていた気がします。とりあえず攻撃的に後ろ向きな「ソドシラソ」はぜひ選んで欲しかったです。公式サイトにあるインタビュー記事でヴォーカルの五十嵐さんが自分の書いたこの曲の歌詞に対して「驚きますね。ちょっと。これはヤバイな」などと発言しているのが他人事のようで凄いと思いました。後は「手首」とか「幽体離脱」とか「バリで死す」とか…。きりがないですね。

『coup d'Etat』発売からわずか3ヶ月後に発売されたアルバム『delayed』からは『落堕』、『Everything is wonderful』、『サイケデリック後遺症』、『Reborn』、『センチメンタル』、『水色の風』の6曲。『愛と理非道』のデモが収録されていることも考えれば10曲中7曲収録と多すぎです。今まで気がつきませんでしたがもしかしてこれが一般的には最高傑作だったのでしょうか?個人的にこのアルバムの曲では『サイケデリック後遺症』が一番好きです。収録から漏れた3曲も好きですがこれ以上このアルバムから選ばれても困る。

『delayed』の半年後に発売されたアルバム『HELL-SEE』からは15曲中「ex.人間」、「正常」の2曲のみ。おそらくキャリアの中で最もポジティブな曲、「吐く血」はぜひ収録して欲しかったと思います。ちなみにこの『HELL-SEE』は15曲入りで1500円、初回版にはライヴ音源を収録したボーナスディスクまでついていたという異様にコスト・パフォーマンスに優れた一品です。

前作から約1年のスパンで発売された『Mouth to Mouse』からは「リアル」、「I・N・M」、「パープルムカデ」、「My Song」、「Your eyes closed」の5曲。このアルバムは唯一シングル曲が収録されているアルバムなのでシングル曲の3曲の収録はまあ妥当でしょう。「うお座」や「変態」、「夢」なども好きですが他の曲を外してまで入れたいとは思いません。

現時点での最新アルバム『delayedead』からは「Inside out」のみ。
しかし、正直一番聴いていないアルバムなので特に不満はないです。

後はカセットのみに収録されていた「向日葵」などボーナストラックが何曲か。今までのアルバムは全部持っているのでこのベストを買うかと言われればかなり微妙です。こんなベストより、いい加減新譜を出して欲しいんです。丸2年以上音源の発売がありません。ライヴではけっこう新曲をやっているはずなのですが…

2006年10月28日 音楽 トラックバック(0) コメント(0)

テンプレートを換えてみました。

こういうシンプルなやつに始めからしたかったんです。
若干見やすくなりましたね。
そう言えばこのブログのタイトルは最初

『金属アレルギーのお前が鉄鋼業に従事するだなんて…』
『心配しないでよ母さん。なんたって今はコンピューターの時代なんだからね。』

にするつもりだったんです。文字数が多すぎて断念しました。
私が始めに意図していたことの半分も伝わってなかったんじゃないかと思います。

ぜんぜん関係ありませんがエヴァンゲリオンがリメイク(?)されるらしいですね。
ほとんど別物になっていることを期待します。

実写映画化もするらしいですがそっちはある意味最低の出来であって欲しいです。
つまりいろんなものを台無しにして欲しいんです。
アメリカ人が勘違いすればするほどいいものができるはずです。
最大のポイントは綾波レイ役にいかに不細工な東洋人女優をキャスティングできるかだと思います。
さらに登場人物達がときどきカタコトの日本語を喋りだしたら最高ですね。

2006年10月26日 未分類 トラックバック(0) コメント(2)

『アバタール・チューナー』クリアしました。

噂通り何一つ謎が解明されないまま終わりました。
続けて『アバタール・チューナー2』を始めてみましたが、
こっちはこっちで前作をやっていないとまずストーリーについていけないと思います。

2006年10月25日 女神転生 トラックバック(0) コメント(0)

『アバタール・チューナー』でラストダンジョンに到達してから、

サブイベントをこなしたりレベル上げをしている間に20時間使ってしまいました。

今週はかなり忙しかったうえに月曜から体調を崩してしまったにも関わらず、
睡眠時間を削ってRPGのレベル上げをしているというのはどうなんでしょうね?
私は阿呆だと思います。

2006年10月22日 女神転生 トラックバック(0) コメント(0)

全身がだるくて頭がボーッとするのは

寝起きだからだと思っていましたが、どうも風邪です。
やたら汗が出て、鼻水も出すぎだったので午後3時くらいに気がつきました。
ちなみに前日の睡眠時間は幼稚園児並みだったので睡眠不足の可能性は始めから消してました。
原因はたぶん機能食べた生牡蠣です。

2006年10月16日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

雑記

Beckの新作『The Information』を買いました。
全曲分のイメージビデオを収録したDVDと自分でジャケットをデザインできる大量のステッカーがついているものの国内盤の税込3885円という価格はぼったくりすぎだと思います。

Radioheadのアルバムの廉価版が発売されているようです。
廉価版が発売された事自体はどうでもいいんですが、
どうやら今回の廉価版の『Hail To The Thief』は非CCCDみたいです。
今まで国内盤はCCCDしかなかったですよね?たぶん。

2006年10月15日 音楽 トラックバック(0) コメント(2)

そういえば薄型プレステ2が届きました。

とりあえず先代の初期型プレステ2の上に置きました。
いかに薄型が小さいかということがよくわかるようになりましたが、
自分が何をしたいのかよくわかりません。

2006年10月15日 ゲーム トラックバック(0) コメント(1)

『ペルソナ2罰』をクリアしました。

そして『アバタール・チューナー』を始めました。
『真女神転生Ⅲ』の戦闘システムを引き継いでいるので個人的にはとても面白いです。
セーブポイントがいくらなんでも多すぎるような気がしますが、
うっかりすると通常戦闘で雑魚相手に一方的に攻められて全滅したりするので難易度は高めでしょう。
ただ短いです。まさか20時間足らずで最終ダンジョンまで行けるとは思っていませんでした。
ペルソナ2の半分以下です。シリーズで最短じゃないですかこれ?

2006年10月15日 女神転生 トラックバック(0) コメント(0)

『ペルソナ2罰』は今ラストダンジョンです。

ペルソナ3と葛葉ライドウの攻略本を買いました。
もちろん実際にゲームをプレイするのは先の話です。

そう言えば携帯アプリオリジナルの女神転生もあるんですよね。
『真・女神転生if...ハザマ編』と『真・女神転生-20XX』。
とても気になります。どうしたものか…

2006年10月10日 女神転生 トラックバック(0) コメント(2)

先代の挙動がおかしくなっていました。

nedさんがXBOX360を買われたことに触発されて
思い切って薄いPS2を注文してみました。

2006年10月08日 ゲーム トラックバック(0) コメント(4)

コングがコングすぎるほどにコングでした。

特攻野郎Aチームのパイロット版が面白かったです。
パイロット版を見て初めてモンキーが変人だのいかれてるだのと言われる理由がわかりました。
パイロット版のモンキーはそれ以降のモンキーとはほぼ別人です。
それ以降のモンキーについては変人というよりも「ひょうきん者」という印象を持っていましたが、
パイロット版のモンキーは本物の狂人です。
言動もおかしければ飛行機の操縦中に操縦席を離れてうろうろしたりします。
パイロット版に続く第1話で他の3人のメンバーが敵に捕まりモンキーが単独行動をするんですが、
もう駄目だと思いました。
Aチームはいくら重火器をぶっ放してもけっして人にあたったりしない健全な番組なので、
本放送にあたってモンキーのキャラを大幅に修正したのだと思います。
おかげでメンバーの中で一番中途半端なキャラクターになってしまいました。
本当は一番濃いキャラになるはずだったのに。

2006年10月08日 映画 トラックバック(0) コメント(0)

すっかり忘れていました。

『特攻野郎Aチーム』のDVDをレンタルしていました。

早く見ないと。

2006年10月05日 映画 トラックバック(0) コメント(0)

初めて粘菌を見たときはがっかりしました。

もっとウネウネと激しく動くものだと思っていたからです。
しかし最近、本当の粘菌があの程度のわけがないという思いが日増しに強くなってきました。
そこでさっそくYoutubeで粘菌動画を探してみましたが1つも見つかりませんでした。
仕方が無いのでウォンバットの動画をあれこれ見ました。
できれば全力疾走しているウォンバットが見たかったんですが無さそうです。

2006年10月03日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。