FC2ブログ

少し高いような気がしましたが、

アマゾンで『ペルソナ3フェス』を注文しました。

よく考えたらこれを買うとあのクソ長いゲームをもう一周することになるんですね。追加シナリオだけでも30時間とか。気が遠くなりそうです。プレイするのに覚悟がいるのでしばらく寝かせておくことにしました。『ベイグラントストーリー』を先にクリアすることにします。あと、100円で買った「グランディア」。

2007年03月28日 女神転生 トラックバック(0) コメント(3)

女神転生IMAGINE

『女神転生IMAGINE』のオープンβテストが始まったので少しだけやってみてます。ちなみにMMORPGをプレイするの初めてです。決して今まで興味が無かったわけではないんですが、ハマると不味いことになることが目に見えていたので敢えて距離を置いていました。今後も適当な距離をとりながら深入りしないように進めていくつもりです。今はまだ面白さが理解できていない段階なので安全圏内だと思います。

2007年02月28日 女神転生 トラックバック(0) コメント(0)

ペルソナ3をクリアしました。

結局クリアするまでに74時間かかりました。レベルを90以上まで上げてしまったのも原因なのですが長かった。ただ私の記憶ではペルソナシリーズはクリアまでに時間がかかるシリーズなのでまあ仕方ないような気もします。去年クリアしたペルソナ2罪、罰もそれぞれ50時間以上かかったような気がします。ここで去年から今年にかけてクリアした6本の女神転生シリーズ(1本たりともタイトルに女神転生とは入っていませんが)についてまとめます。

■ペルソナ2罪
正直あまりストーリーが印象に残っていません。印象に残っているのは準備が不十分だったせいでラスボスにやたら苦戦したことぐらいでしょうか。

■ペルソナ2罰
罪の続編で、そのため使いまわしている部分がけっこうあります。罪があまり合わなかったので期待していなかったんですが思いのほか楽しかったです。今までのシリーズに出てきたパーティーはほとんどがティーンエイジャーでしたが、今回はパーティーのほとんどが社会人で今までには無い新鮮さがあります。酒の話で悪魔の気を引こうだなんて。

■デジタルデビルサーガ アバタール・チューナー
戦闘システムは真Ⅲのものをほぼそのまま引き継いでいます。登場する悪魔の多くもたぶん使いまわしです。本作では悪魔を仲間にして合体させるシステムはありません。その代わり主人公達が悪魔に変身して戦います。ただしキャラクターの成長システム自体は真Ⅲの主人公の成長システムの進化版です。外伝的な作品かと思っていましたが、荒廃した未来社会みたいな世界観はシリーズの王道かもしれません。ストーリーが恐ろしく半端なところで終わるのが困りものです。

■デジタルデビルサーガ アバタール・チューナー2
もちろんいろいろ使いまわされています。前作で謎のまま残った部分が解決されるわけですがその辺はわりと個人的にはどうでもよくて、本当に印象的だったのは以下の2点です。
・ゲイルの大活躍
 前作から印象的な演技を見せてくれたゲイルがさらに悪ノリしてとうとう主役の座にまで上りつめました。
・終盤のふっきれたような展開
 一歩間違えば…というところで本当に間違えてしまった感があります。このせいで今までにあったいろんなドラマがどうでもよいことに成り下がってしまいました。

■デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団
デビルサマナーシリーズは好きだったんです。大正時代が舞台というのも胸が躍ります。探偵物ももちろん好きです。アクションゲームもわりと好きだし、怪僧ラスプーチンも大好きです。しかしこれはなあ…

■ペルソナ3
前作までとは完全に別物ですが別物だと考えるとたいへん面白かったです。ただ金子一馬デザインのペルソナ達がビジュアル的に異物になってしまっているのが唯一残念なところです。

2007年01月05日 女神転生 トラックバック(0) コメント(2)

覚悟はしていましたが、

『ペルソナ3』は非常にゲームの進行が遅いですね。『アバタールチューナー』なら現在のプレイ時間でラストダンジョンに行けますよ。不可能ではないと思いますが年内にクリアするのは厳しいですね。

2006年12月10日 女神転生 トラックバック(0) コメント(0)

『ペルソナ3』始めました。

これも『葛葉ライドウ』と同様にオープニングぐらいしか見ていませんでしたがついに戦闘するところまで来ました。序盤ということもあってか随所にアニメによる演出が入ります。最初の戦闘もアニメでした。いろいろと前作までと違いますが、特にビジュアル面が違いすぎます。言われなかったらペルソナシリーズだと気が付かないんじゃないでしょうか。でもベルベットルームのイゴールさんは健在でした。重要人物なのでもちろん喋ります。「あんたそんな声だったんだ」という驚きがあります。今回のベルベットルームにはイゴールさんと一緒に女の子がいます。今までの妙齢の女性オペラ歌手みたいな人や目隠ししたピアニストは一体どこへ行ったのでしょうか?

2006年12月03日 女神転生 トラックバック(0) コメント(2)

『葛葉ライドウ』クリアしました。

とうとうここまで来ました。
残すは『ペルソナ3』のみです。
MMORPGの『女神転生IMAGINE』と携帯アプリ版女神転生を除けば今のところ発売が予定されている女神転生シリーズ作品はDSの『真・女神転生DS(仮称) 』とPS3の『真・女神転生(仮称)』のみ。どちらもいつ出るかわからない状態なので『ペルソナ3』はのんびりプレイできそうです。

2006年12月03日 女神転生 トラックバック(0) コメント(4)

『葛葉ライドウ』第六話まで来ました。

話数的には中盤です。既にレベルが45ぐらいまで上がっているのでクリアレベルは60~70ぐらいでしょうか?過去の日記を見ていたら『ペルソナ2罪』をクリアしたのが9月16日でした。そこから『ペルソナ2罰』、『アバタール・チューナー』、『アバタール・チューナー2』とクリアしてきて今『葛葉ライドウ』が中盤ということはなんだか年内に『ペルソナ3』もクリアしていしまいそうな勢いですね。

2006年11月28日 女神転生 トラックバック(0) コメント(0)

ついに『葛葉ライドウ』を始めました。

今まではオープニングぐらいしか見ていませんでした。ちゃんとプレイしてみて初めて知ったんですが、これって戦闘がアクションゲームになっていたんですね。私は10年以上前から女神転生シリーズをプレイしてきたはずですがシリーズ史上最大の衝撃です。

2006年11月19日 女神転生 トラックバック(0) コメント(2)

『アバタール・チューナー2』をクリアしました。

後、残すは『葛葉ライドウ』と『ペルソナ3』だけです。
そう言えばFF12も買っていたことを思い出しました。
DS版FF3をまだクリアしていなかったことも思い出しました。

2006年11月18日 女神転生 トラックバック(0) コメント(0)

『アバタール・チューナー2』

前作をクリアした直後からやっています。
今に始まったことじゃありませんが、最近の女神転生シリーズではイベントシーンでキャラクターが声を出して喋ります。ようするに声優さんが声をあてています。ただ、最後の一線として主人公だけは一切を声を出しません。主人公がペラペラ喋るのは個人的にも反対なのですが、周りがペラペラ喋っている中にあってはかなり違和感があります。今作ではおいしい台詞はすべてゲイルというキャラクターが持っていきます。主人公は基本的にそれを見ているだけ、というか事実上ゲイルが主人公です。しまいには主人公がパーティーから離脱(一時的に?)してしまい本当にゲイルが主人公みたいになってしまいました。

2006年10月29日 女神転生 トラックバック(0) コメント(0)